病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  レーシックとは?
  効果
  アフターケア
  保証
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

健康保険の適用について

医療機関で診察や手術を受けるには健康保険証が必要ですが、視力回復のレーシック手術に健康保険は適用されません。
つまり費用の保険負担がないため、かかる費用は全額自己負担。
検査、手術、健診、処方薬代金を実費で支払うことになります。

日本でレーシックが認可された十年ほど前と比較すると、レーシック費用は格段に安くなっています。
初期の頃は手術ができるクリニックが少なく、約70〜80万円と誰でもすぐに利用できる環境ではありませんでした。
近年、レーザー機器の進化とレーシック市場の拡大とともに手術費用も下がり、50万円以下で手術可能なクリニックが多数。
ローン払いや金利・手数料無料など、利用者のニーズに応えた支払い方法ができます。

生命保険や医療保険によっては手術給付金が出るケースもあるので、自分が加入している保険会社に確認を忘れずに。



目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求